30年の経験を元にインプラント・矯正の情報お伝えします
グリマス院長
Author:グリマス院長
 娘2人は、東京に行っていまして、3匹の犬と歯科医師の妻と同居してます。犬は、忠実で、いいですね。今は、早朝の芝刈りに、汗を流しています。
 長年の研究対象が、子供の顎の成長とインプラントです。
詳しくは、これから、少しづつお話ししたいと思います。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
出来るだけ小さな手術でインプラントをしようとする考え方
2009-08-18 Tue 17:57
辰巳の森 辰巳の森


今までインプラント治療というと、たいへん大掛かりな手術と見られていましたが、これから将来は、患者さんにとって出来るだけ体に負担の少ない手術をしようという考え方が、主流になっていくと思われます。

これらの考え方は、最低侵襲治療と言われ、なるべく外科的侵襲を小さくする為に、様々な手術法や、インプラントの改良などが、試みられてきました。

CT検査で、インプラントの打つ位置のガイドを作ることにより、歯肉を切らないで済む方法もあります。
歯を抜くと同時に抜いたところに、インプラントを同日に入れる、抜歯即時埋入法なども可能になりました。

何ごとにおいてもそうですが、人々はより安全でより快適な方向に、向かうことを好みます。

インプラント手術をより快適に受けられる為にも、じっくりと時間をかけて相談することの出来る
貴方に合った歯科医院を、見つけることを、お薦めします。

スポンサーサイト
別窓 | インプラント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タイトルなし | インプラント歯歯歯日記 | インプラントを入れた患者さんの感想です。>>
コメント














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | インプラント歯歯歯日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。